精進落としの意味合い - 中野区での葬儀・家族葬

出席者の服装・持ち物

出席者の服装・持ち物の写真

精進落としの式には、特別なものを持っていく必要はありません。仏教の葬儀の場合は数珠を持っていくことになるかもしれませんが、精進落としでは使用しません。現在では、火葬当日に行う葬儀が多いので、葬儀や告別式の時と同じ喪服を着ることができます。ただし、火葬の場がよりフォーマルな場であり、以前から喪服を着ていたが、足腰に力が入らず窮屈な服装になってしまった場合は、私服に着替えても構いません。また、上着を脱ぐのもマナー違反ではありません。ただし、髪の毛が長い場合は、料理に髪の毛が入ってしまうと見栄えが悪くなるので、結んでおくと良いでしょう。会話の内容は、故人との思い出話を中心にしましょう。ただし、喪主に頼まれない限り、死因そのものを探ることは避けた方が賢明でしょう。ただし、法事に参列する人は故人と親しかった家族が多いため、近況報告をするのが一般的です。選ぶべき話題は、家族や親族の関係性によって異なります。ただし、精進料理はあくまでも葬儀の儀式です。仏式や神前式ではお酒が振る舞われますが、酔っぱらってしまうような事態にならないように注意が必要です。