精進落としの意味合い - 中野区での葬儀・家族葬

精進落としへの参加

精進落としへの参加の写真

精進落としの性質は、喪主が僧侶や参列者をもてなすことです。そのため、僧侶が上座になります。ただし、僧侶と喪主の席が近接して配置されている場合もあります。また、僧侶と喪主の他に、家族や遺族が参列する場合もあります。仏教系や神道系の葬儀の場合は、お通夜法要を行います。これは、お通夜が終わった後に飲食をする場です。オードブルやお酒が振る舞われ、葬儀の参列者が出席します。通夜の最後には、お通夜用のテーブルが用意されていることがアナウンスされ、座って故人を偲ぶことができるようになっています。通夜の最後には、お通夜用の席を用意する旨のアナウンスがあり、来賓の方が座って故人を偲ぶことができます。そのため、お通夜の参列者を遺族が選ぶことは原則としてありません。実際には、できるだけ多くの人に参列してもらいたいと考える遺族が多いです。また、特に参加を求められた場合は、たとえ一口であっても必ず参加するようにしてください。しかし、精進落としの饗宴の場合は、かなり違います。精進落としの場合、食事はオードブルではなく、一人一人のために定食という形で用意されるのが一般的です。また、火葬後に先進的な初七日法要が行われ、その後に精進落としが行われることからもわかるように、精進落としに参加できるのは火葬に参加した人だけとなります。そのため、一般の喪主は招かれません。もちろん、故人の遺族から「火葬に参加して精進落としの祈祷祭壇に座ってほしい」との依頼があれば、血縁関係がなくても参加できる可能性はあります。声をかけられていないのに、当日に火葬場に行きたいと申し出るのは、遺族にとってはかなりの混乱を招くことになります。その理由の一つとして、本人のために食事の準備をしていないことが考えられます。逆に、遺族が火葬はもちろん、精進落としの儀式まで本人に参加してもらいたいと考えている場合は、事前に本人への配慮が必要になります。特に精進祈願の落とし前まで本人と一緒にいることになると、かなりの時間がかかってしまいます。また、ここではぜんまい落としの席が用意されていることを前提に話をしていますが、実際にぜんまい落としを切ることも不可能ではありません。観賞用のお皿にお金を配ったり、代用したりしても構いません。また、大きな葬儀会場であれば、精進落としの提供者と精進落としを持っていけるスペースを用意していることが多いので、火葬後に葬儀場に戻ってきて、同じ葬儀場で初七日法要を行い、精進落としは同じ会場の別室で行うことができます(稀に葬儀を行った会場で行う場合もあります)。 ただし、故人が別のお店で精進落としのサービスを希望している場合は、故人が気に入っていたお店でも予約することが可能なはずです。この方法を希望する場合は、必ず葬儀社にプランや意向を伝えるようにしましょう。