精進落としの意味合い - 中野区での葬儀・家族葬

精進落としへの準備

精進落としへの準備の写真

精進落としの落とし所で一番上の立場に座っている人がお坊さんです。これは、どのような精進落としであっても同じです。葬儀では、焼香の際など、喪主や遺族が一番最初に焼香をします。また、特別席が設けられており、最前列に着席することになります。このようなことから、精進葬の場合は、喪主や遺族が最前列に着席することが想定されがちです。しかし、精進料理の場合は、喪主が参列のお礼のために接待をすることになります。そのため、喪主は最初に一番低い席に座ります。また、遺族も一番低い席に座ります。神父が先に着席し、次いで友人・知人、親族、遺族、喪主の順に着席します。会社の人が出席している場合は、友人・知人よりも上の席に座ります。席次については、葬儀の際に誰が着席するかは喪主が決めなければなりません。しかし、葬儀場のスタッフに「この方はお付き合いのある方です」と伝えれば、おおよその席順を教えてもらえるでしょう。席順をめぐって混乱してしまうケースもあるので、式場を非常に尊重してくれる人がいる場合は特に注意が必要です。ちなみに、人混みの中で迷子にならないようにするために、あらかじめ席札を置いておくこともあります。そうすれば、出席者がどこに座ればいいのか迷うこともありません。初七日目の礼拝では、仕出し屋さんが席札を配置して、席次を確認するのが一般的です。葬儀料理に生臭いものを入れるかどうかの常識は、意外にも地域や葬儀社によって異なります。ある葬儀社では、遺族の要望がない限り、通夜のブルマイも精進料理も精進料理にするところもありますが、別の葬儀社では、遺族の要望がない限り、通夜のブルマイも精進料理も生分解性の食品を使用します。この2つは全く逆です。しかし、地域の一般的な葬儀料理と葬儀社のために、葬儀社がそれに合わせてプランを立てていきます。希望がある場合は、契約の前段階で葬儀社にその旨を伝えましょう。ちなみに、生鮮食品を入れたい地域であっても、海老やタイなど、お祝いの場のイメージが強い食品は避けるようにしましょう。