精進落としの意味合い - 中野区での葬儀・家族葬

精進落としの流れ

精進落としの流れの写真

精進落としの儀式の流れを見ていきます。

精進落としの儀式は飲食する場所なので、通夜や葬儀、告別式のような明確な流れはありません。初七日の法要が終わると、精進落としの饗宴が行われる部屋に全員が着席します。このとき、喪主が葬儀がスムーズに進んだことを報告し、精進落としのご祈祷で故人への感謝の気持ちを伝える要点を含めたお礼の言葉を述べます。挨拶の後は、故人への乾杯の献杯を行います。故人への献杯のことです。乾杯とは違い、手拍子や杯などの拍手はありません)。その後は自由に食事を提供します。喪主や遺族が親族のために飲み物を注ぐこともあります。食事は通常1時間から2時間ほど続きます。喪主が気が向いたときに、開会の挨拶をします。法要の日程が決まっている場合は、この時点で告知しておくと良いでしょう。しかし、法要は2日以内、長くても1週間以内に行うことになりますので、法要の日程が決まっていることはまずありません。そのため、具体的な日程が決まっていなくても問題ありません。精進落としのお下がりが終わると、いよいよ式は解散です。

参列者には贈り物が渡され(おそらく椅子の下に置かれるか、葬儀社のスタッフが退場時に渡してくれると思われます)、それぞれの自宅に帰ります。また、最後に僧侶が出席している場合は、挨拶を忘れないようにしましょう。この後、家族は葬儀社のスタッフと簡単な打ち合わせをして、支払い方法について話し合います。その後、故人の遺骨や遺骨を持って帰宅します。精進礼拝は、一連の葬儀の最後の儀式です。遺族側の立場であれば、最後まで気を抜かず、参列者を丁寧に見送りたいものです。